トラス総合鑑定

お知らせ

にちりんの街

大分駅から特急「にちりん」に乗り、宮崎方面を目指す。「にちりん」は今も昔も日豊本線の看板列車だ。

国鉄時代、九州の特急は鹿児島本線が「有明」、日豊本線が「にちりん」で統一されていたと思う。

自由席で大丈夫ですよ、若い女性駅員の言う通り列車は空いていた。日向灘を見るために進行方向左側の窓側席を確保した。

日豊本線は東九州の大動脈であるが、大分より先は、線路状況が悪く、特急列車でも高速運転はできない。また単線のため、時刻表上は通過駅でも、列車行違いのため頻繁に停車する。普通列車との行違いで、特急列車が待たなければならないのは少々理不尽である。

そんな不満を解消してお釣りがくるほど、車窓を眺めるのは楽しい。時折見える日向灘、白い波、青い海にキラキラと、にちりんが輝いている。日豊本線はにちりんが相応しい。

大分を出て約2時間半、まもなく延岡到着のアナウンスが流れた。列車行違いのため、10分停車するとのこと、本日の目的地であるので、ここで下車する。跨線橋を渡り、外に出た。

延岡を訪れるのは、初めてである。予備知識としては、あるヒール役のプロレスラーの出身地であることぐらいしか知らない。駅前に都会で見かけるコンビニやコーヒーショップが無いことが、逆に嬉しい。街を散策し、今夜の食事処候補の居酒屋をチャックし、宿に向かった。

うちのもつ煮は美味しいっス、居酒屋のお兄さんの言う通り旨い!宮崎地鶏のたたきも旨い!

・・・酒が進んだのは言うまでもない。

s_IMG_20170830_181500262.jpg

  • Category:
  • Author:安田