トラス総合鑑定

お知らせ

終着駅はこどもの国

不動産調査のため、長津田駅からこどもの国線に乗り換え、終点のこどもの国駅で下車する。僅か3.4kmの行き止まり線、いわゆる盲腸線である。   

こどもの国線は景色が良く、ちょっとした旅気分が味わえる路線であり、また小人や魔法使いが出てきそうな何ともメルヘンチックな名前が好きである。

ところで盲腸線とは一体誰が付けたのであろうか、「盲腸」という言葉に「盲腸(正確には虫垂か)のように短くて行き止まり状で、役に立たない」という意味合いが込められているのであろうか、確かに現存する盲腸線は、行き止まり線のため列車本数が少なく、終点駅周辺の地域の社会的状況が思わしくなくい場合が多い。しかし、行き止まりの路線であっても輸送上重要な役割を果たしている路線もあるのは事実である。

こどもの国線は遊園地「こどもの国」との連絡路線である。これから先にレールが伸びることはないだろう。こどもの国駅周辺は、丘陵地が開発され、マンションや住宅が建ち並んでいる。周辺住民の利用者も多そうだ。

調査を終えて、こどもの国駅に戻り、上り電車を待つこととした。遠くの山々は色づいており、秋は確実に深まっている。美しい風景は、ここが横浜市青葉区であることを忘れさせてくれる。

  • Category:
  • Author:安田