トラス総合鑑定

APPRAISAL
客観的経済価値の判定

鑑定評価

不動産の鑑定評価に先立ち、物件の状況や権利関係の調査、市場動向や収益の分析など、詳細な調査が必要とされます。
特に収益不動産の評価においては、収益性や投資効率の極大化とリスクの極小化のため、より精度の高い調査・分析が必要となります。
トラス総合鑑定では、物件特性や流通市場性などのマーケティングをベースとし、物件の種別や類型に応じた多角的かつ広範囲な調査、分析方法を用いています。
売買、担保、不動産証券化等のさまざまな目的に応じた手順を想定し、鑑定評価を行います。
同時に、独自の定型のフォーマットを用いてクオリティを確保し、スピーディーで、エリアを問わない機動的な対応を実現します。


 

鑑定評価はさまざまな目的のためにご利用いただけます

  • 不動産の売買
  • 企業経営における不動産の資産評価
  • 不動産を担保に融資、借入をする場合の市場適正価格の把握
  • 賃貸借または家賃の改訂を行う場合の賃料評価(地代評価)
  • 不動産証券化、証券化後の再評価 等
pho_service01.png